客間に採用されたのは、爛漫の黒の町屋襖です。 2018.2.11

おはようございます。角谷由美です。

先週のM様とのお打合せの後、奥様がとても迷われて少しお時間をかけて頂いた

客間の襖紙が決定しました。

 

 

 

 

wa1_IMG_1547

(ビフォアの映像の右側の襖です。)

 

 

一谷邸

(三島市のI様邸の施工例の萩)

 

 

白地に萩模様か・・・??

 

 

冨田邸

(長泉町のT様邸のしだれ桜の施工例)

 

グレージュ色に枝垂れ桜か・・・??

 

 

 

IMG_2174

(伊豆市のS様邸の施工例)

 

黒に爛漫の桜か・・・??

 

 

私の町屋襖の施工例の中から、とても迷われましたが・・・??

 

 

 

 

最終的に決定されたのはこちらの施工例の黒の爛漫の桜です。

 

 

22_shiro_kuro_ranman2

 

 

 

黒字に品のある白とグレーの桜。

 

 

 

他の部屋は大胆に間取りを変えて和から北欧モダンに変えたり

和から和モダンに変えるのですが、数寄屋造りの邸宅の客様は

今回は、畳と襖を変えるだけなのですが・・・??

 

 

 

ハイ、ガラリと変わります。

 

 

お楽しみに~・・・

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

下のボタンをクリックしていただくとブログ村のランキングポイントが入りますので応援よろしくお願いします!


毎日たくさんの応援のおかげでモチベーションが維持できます。

いつも本当にありがとうございます!